ポイントの種類


ポイントの種類ですが、ポイント制を提供している消費者金融によって異なります。そのため、まずはポイントのある消費者金融を探しさらにその中で、ポイントの種類も比較しながら理想の会社を見つけるといった流れが理想的でしょう。同じポイント制でも、種類によって損得は大きく変わってきます。第一、普段の生活内において使用する機会がないようなポイントを貯めても、使い道がありません。自分がもらって嬉しいポイントであるかどうかも、かならずチェックしておきましょう。

主なポイントの種類としては、たとえば、金融サービスを利用する中で役立つものがあります。独自に運用しているサービスとなっており、返済に直接あてることはできませんが、ATM手数料を無料にする、無利息期間適用に使えるといった活用に繋げられます。ちょっとした額とはいえ、やはり負担を抑えられることは魅力に他なりません。便利なポイントといえるでしょう。

また、グループ内のサービス全体で使えるタイプのポイントも魅力的です。金融サービス以外にも手広く展開している会社のポイントとなっており、融資で発生したポイントを、買い物や支払い、サービス利用料など多岐に活用できます。同グループを普段から利用しているのであれば、助かるポイントになることでしょう。

その他にも、いくつかの種類が存在するようです。消費者金融を利用する上で、生活の中で重宝できるポイントが貯められるサービスを見つけることが大切です。

貯められることの魅力

前述でも紹介している通り、ポイントが発生するとはいえいずれも決してまとまった額ではありません。1円単位、10円単位といったケースも多く、利息の総支払額から考えれば、微々たるものといったところでしょう。ですが、それでもポイントにはメリットが感じられます。どのようなメリットがあるか、ご紹介します。

たとえば、返済し忘れの防止です。ポイントを貯めることに楽しさを感じ始めれば、毎回の返済が待ち遠しくすらなってくるかもしれません。そうなると、日常においても返済日を意識する瞬間が増えてくるので、返し忘れを防げるというわけです。返済遅延は、ブラック指定にも繋がる避けるべき展開です。ポイントがあることの嬉しいメリットになることでしょう。

純粋にお得であるということも忘れてはなりません。数十円、数百円のお得であったとしても、それが頻繁に続くとなれば、大きな得となります。ちりも積もれば山となるではありませんが、例えば二ヶ月に一回ATM手数料が無料になるだけでも、返済が複数年に渡るともなれば結構なメリットです。

消費者金融のキャッシングには、長期利用するケースが多いという特徴が伴います。そうなると、少額にしかならないポイントであっても、比較的大きなお得が感じられます。嬉しいメリットであるといって、間違いないでしょう。